​  凄日  

 

(2018)

 作詞・桶田知道 作曲・桶田知道

2nd Album 「秉燭譚」M1​

影を落とした

窓の外 歩く女は左団扇

対する俺は燻りゃ不貞寝

日暮れるごとに舌を巻き咽せる

小指を切った ああ幾年

枯れ葉は幾度土となり

裸のままで家を出る様な

気恥ずかしさに着膨れた様な

淡い恋にしみったれた

俺にだって分かる

どうかしてる誰も彼も

綿菓子のようなフィロソフィ吐いて

一駅渡る金もなく

骨も蒸すような坂を行き

アベック客に隠れ紛れて

不可抗力で流れ着いたようなフリをして

見下ろすのは腐ったジオラマ

忘れ難き故郷だね

君追いしかの季節巡る

淡い恋にしみったれた

俺にすら分かる

気付いている誰も彼も

木枯らしのようなリアリティ吹く

影を落とした

窓の外 歩く女は左団扇

対する俺は燻りゃ不貞寝

日暮れるごとに舌を巻き咽せる