裸足のふたり

 

(2022)

 作詞・桶田知道 作曲・桶田知道 

 

    Single 「裸足のふたり」M1

ならば僕もと裾まくり

指に引っ掛け安草履

あなた鼻緒を振り回し

ブンブンと捌き下駄が飛ぶ

ひらりと振り返り

前壺ごしに目が合えば

一衣帯水橋渡し

ここで会ったが数分目

されどあなたはどこの者

聞けばお縄か然もありなん

これも盛夏のせいかもと

気のせいか然もあらばあれ

裸足のふたりには

衣の擦れはかしましく

合縁奇縁身を任せ

月の小径を行きましょう

空にディレイの笛太鼓

とんだ奇祭の奥座敷

汚れた裾のからげざま

光るうなじハレーション

千輪の菊畑

​前壺ごしの万華鏡

あとの祭りと腰上げて

僕はあなたに恋をする

影が重なるその刹那

​頬に平手の大花火